足の傷がある時の対処法について

足に傷がある場合の脱毛方法

足脱毛にまつわる疑問:足に傷がある場合の脱毛はどうすればいいですか?

足に傷があっても脱毛できますか?

 

できる場合とできない場合がございますので脱毛サロンのスタッフによく確認してください。

 

足に「傷がある場合」と「傷跡がある場合」によって、扱いが違ってきます。
足に傷がある場合、医療用レーザー脱毛や光脱毛はメラニン色素の「黒色」に反応することから、
傷の「赤色」をターゲットにすることはないと考えていいでしょう。

 

光脱毛などは熱があるので注意が必要

しかし施術後は全体的に熱を持ちますから、それによって傷が悪化することは十分にありえます。
照射時は防護しておく方が安全です。
施術を行うエステや医療機関に、事前に伝えることは必要です。
施術後、冷やすなどのアフターケアを万全に行い、照射部位の赤みが取れるまでは
お風呂や運動、 飲酒など「痛み・かゆみ・傷の化膿」を促進するような行動は謹んでおきましょう。
傷口がシミのようになったり、黒ずんでいたり、カサブタがあったりする場合は反応するでしょう。
ですから先に見せておくことは大切なのです。

 

傷跡の場合は色素が沈着している場合があり、ヤケドのリスクを負うことになります。
ほくろやシミのように防護することで、そのリスクは回避することができます。
丁度傷跡の周辺が多毛になっている場合もありますが、その部分に対しては針脱毛などで対応したほうが安全かもしれません。
カウンセリングでよく相談し、納得することができてから施術受けましょう。

 

脱毛ワックスやクリームは傷口に塗ってはいけない

ワックス脱毛は傷口を避けるように行い、傷跡がある場合はあまり影響はないと考えられます。
ただし皮膚自体が薄くなっている傷跡などは、神経質に施術す必要性はあるでしょう。
除毛クリームを使用する場合は、傷口に塗ってはいけません。
注意書きに書かれていることと思われますが、その脱毛クリームによって傷が悪化する可能性は高いと思われます。
完治している傷跡に関しては、影響はないでしょう。

 

医療機関で確認すれば安心感がある

あまりにカミソリなどの自己処理を行いすぎ肌自体が荒れていたり全体的に傷を負っている場合などは、
その傷をまず治すことと、医療機関で脱毛を行ったほうが安全と考えられます。
エステで行う脱毛は手軽で大変気安く行えますが、医療機関ではありません。
何かあったときに医療行為による処置は行えません。

 

そういった面から慎重さを重んじて、エステの側から「お断りをする」ということもあるんですよね。
医療機関との提携や顧問医師による「ドクターサポート」を設置しているエステも増えています。
自分の状態に合わせて、脱毛を行う場所を選ぶということも大変重要なことです。
脱毛方法の特徴と医療機関・エステの違いなど、大局を掴んでおくことは消費者としても必要なことです。
「相手の過失」を責めること出来る場合も多いでしょうが、身体に負担がかかるのは本人です。大切に!

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ