ヒザ下の脱毛について

足回りの脱毛についての疑問

足脱毛にまつわる疑問:ヒザ下の脱毛にヒザは含まれますか?

ヒザ下の脱毛にヒザは含まれますか?

 

ヒザ下とヒザは別のパーツとして扱われることが多いです。

 

一般的なエステでのパーツわけは、
ヒザ上・ヒザ・ヒザ下・足の甲や指と4パーツに分かれているところが多いようです。
多くの方は、ヒザ下+ひざなど複数のパーツの脱毛をまとめて行っているようです。

足全体の自己処理となると範囲が広く面倒ですよね。
夏場はどうしても自己処理の回数が増え、肌へのダメージも大きくなりがちです。
さらに、紫外線や日焼けなどでダメージを受け、
冬場は乾燥が進み肌荒れがおきやすい部位です。
顔や手と違って、積極的に毎日保湿を欠かさず行っているという人は少ないのではないでしょうか?


肌のダメージが大きくなりそれでも自己処理を続けてしまうと、
肌を守ろうと余計に毛が濃くなってしまう可能性もあります。

また、成長中のムダ毛は2,3日ですぐに伸びてしまいますから、
どうしてもプツプツと毛穴が目立ってしまい、
芸能人やモデルなどのような毛穴のない透明感のある足になるのは難しいです。

自然と毛穴も目立たなくなるのがエステでの脱毛

エステでの脱毛は、毛穴に直接働きかけ毛を作る力そのものを弱くしていく方法です。
ですので、回数を重ねるごとに毛が細くやわらかくなり、
最終的には生えなくなるか、もしくは産毛程度の状態になります。

顔などを見てもらえれば分かりますが、産毛が生えている部分や、
毛が細い毛穴はあまり目立ちませんよね。

脱毛を進めていき、毛を作る力を失った毛穴は徐々に閉じていき、
最終的には毛穴の目立たないつるっとした肌になれるようです。

ヒザ下のみの脱毛はあまりおススメできません。
ヒザ下のみが綺麗でも

ヒザやヒザ上の毛穴が目立ってしまっていたらちょっとおかしいと思いませんか?
ヒザは自己処理が難しい部位ですのでカミソリでの傷をつくりやすかったり、
剃りにくいからと抜いてしまうと徐々に毛穴が盛り上がってきてしまいます。

若い子ならば、生足にショートパンツなどのファッションを楽しむ機会も多いと思います。

また、ニーハイソックスなど太ももの露出も多いですよね。
ヒザ下の脱毛を考えているのならば、
「生足なのにすごく綺麗な足だね!うらやましい」

といわれるようなつるすべの脚を目指してみてはどうでしょうか。

ムダ毛や自己処理の必要がなくなることによって、
肌自体のターンオーバーの力や透明感もぐっとアップします。
また、エステの脱毛は一度完了してしまえば、
個人差はありますが、何年も効果は続きます。
綺麗な足は女性の大きな魅力のひとつですから足美人を目指したいですよね。

 

 

 

 

足脱毛のマル秘情報

 


ホーム RSS購読 サイトマップ