足脱毛の自己処理まとめ(メリットとデメリット)

足脱毛の自己処理はどのようにすれば?

足脱毛はどの方法がおすすめ?:足脱毛の自己処理法まとめ

足のムダ毛を自己処理はその部位の小ささや手軽さから、多くの方法が選択されています。
手軽ではありますが、最も蒸れやすく、菌の繁殖や菌による炎症も起こりやすい部位なのです。
肌トラブルなどを予防するために、自己処理のメリットデメリットを知っておきましょう。
どんな脱毛方法があっても「処理回数を減らすこと」ということが一番大切です。

自己処理の負担を減らしたいのであれば、足脱毛は脱毛サロンで処理することをおすすめします。

 

カミソリによる足の自己処理メリット・デメリット

メリット

・ 大変安価で行える。
・ いつでも手軽に行える。
・ すぐ終わる。

 

デメリット

・ 肌を傷つける。
・ 雑菌が繁殖しやすく、毛嚢炎や炎症及び色素沈着を起こしやすい。
・ 炎症やイングロウを起こしやすい。
・ 処理の頻度が多い。
・ 刺激によって、太い毛が生えてくる。

 

カミソリの処理は、肌の表面が傷ついています。
足は靴下やストッキング、靴などで蒸れやすく、雑菌の繁殖が激しい部位です。
そこから肌や毛穴が炎症を起こしたり、繰り返せば色素が沈着します。
かゆみなどを伴う場合もあるでしょう。

 

その肌の表面の傷が治り新しい角質が出来ると、それが毛穴を防いでしまうこともあります。
これがイングロウの原因となり、また毛嚢炎などを引き起こすと、悪循環となります。
色素沈着などもこのことによって起こる場合も多いでしょう。
当然、アフターケアが必要ですが、傷ついた足の肌には返って刺激を与えてしまうこともあり、慎重さが必要です。

足のムダ毛の自己処理としては、行ってはいけない自己処理と考えられます。
毛抜きによる処理も、同じ現象を引き起こしますので、避けてください。

 

脱毛テープによる膝下の自己処理メリット・デメリット

メリット

・ 安価である。
・ いつでも手軽に行える。

 

デメリット

・ 肌への刺激が強い。
・ 痛みがある。
・ 毛嚢炎や炎症及び色素沈着を起こしやすい。
・ イングロウを起こしやすく、そこから炎症を引き起こす。
・ 刺激によって毛の太さが太くなる。

 

肌表面への負担や脱毛頻度は、正しく行われればカミソリや毛抜きほどではありません。
足は肌がそれほど丈夫な部位ではありませんので、一緒に表皮を剥がしてしまったり内出血を起こす場合もあります。
そのためイングロウを起こしやすく炎症にもなりやすいことから、よほど注意して行いましょう。

 

電気シェーバーによる足の自己処理メリット・デメリット

メリット

・ 簡単。
・ 痛みがない。
・ 価格が手頃である。(3000円から13000円程度)
・ アフターケアが行える。
・ 肌を傷つけない。

 

デメリット

・ 処理頻度が多い。

 

足の自己処理を行うには、デメリットが少ない脱毛方法です。
シェーバーは毛の断面の処理も行ってくれることから、まわりの肌へ刺激も少なく快適です。
足の自己処理には有効ですが、頻度としてはそこそこ多くなるでしょう。
スクラブや保湿クリームなどのアフターケアを行い、肌のトラブルを防ぐことも大切です。

 

家庭用電気脱毛器による足の自己処理メリット・デメリット

メリット

・ 注意書きどおりに行えば、肌を傷つけない。
・ 脱毛方法は光脱毛やレーザー脱毛と変わらない。
・ 脱毛後の肌が滑らか。
・ 脱毛頻度が少なくてすむ。

 

デメリット

・ 減毛効果はあまり得られない。
・ カートリッジ交換は照射回数によって必要となる。
・ 埋没毛、産毛、白髪などの処理は不可能。
・ 肌色を選ぶ。
・ 高価である。(3万円から8万円程度)
・ ヤケドのリスクがある。
・ 痛い。

 

理論的にはエステの脱毛と変わらず、小さな部位である足には適した自己処理方法です。
しかし減毛効果としては、脱毛サロンと同じ効果を得るためには1000倍以上の時間を要することから過度な期待は禁物。
またかなりの痛みは伴います。

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ