除毛クリームでの足脱毛について(メリットとデメリット)

除毛クリームの足脱毛とは?

足脱毛はどの方法がおすすめ?:除毛クリームで足脱毛のメリット・デメリット

光脱毛や医療用レーザーによる脱毛では、この足という部位は痛みを大きく感じやすいものです。
また冬などは処理をしないことも多いことから、一時的な脱毛を行う人も多いのではないでしょうか。
除毛クリームを使った脱毛は、この足のムダ毛処理には比較的むいている脱毛法です。
デメリットが感じにくいことから、足の部位には除毛クリームが支持されています。

除毛クリームによる足脱毛のメリット

・安価で行える(1本1000円程度3ヶ月〜3ヶ月に1本程度消費)
・処理の手間や処理時間が短い。(3分〜5分程度。敏感肌用を選択の場合5分〜10分程度)
・次の発毛による不快感や毛が太くなること、「硬毛化」「増毛化」のリスクはない。
・痛みが全くない。
・処理の間隔が比較的長い。(4日〜1週間程度)
・ 傷が出来ない。
・ イングロウや毛嚢炎のリスクが少ない。
・肌が滑らかですべすべ感を得られる。
・毛色や毛質を選ばない。

 

全く痛みはありません。
また足の部位は一つ一つのパーツが小さく、除毛クリームの消費も少なくて済むでしょう。
脇と同様、除毛クリームが選択しやすい部位の一つです。
産毛程度でも脱毛することが可能ですし、時間が短くて済むので使い勝手が大変いいものです。

除毛クリームによる足脱毛のデメリット

・ アルカリ性がタンパク質を溶かす性質を利用した脱毛法であることから、肌への負担は大きい。
・ 除毛クリームの選択によっては高価になることもある。
・ アレルギー反応が起こるリスクがある。
・ 強い刺激臭を感じる種類の除毛クリームがある。
・ 減毛効果は得られない。
・ 剛毛や太毛の場合、効果が薄い場合がある。

 

剛毛や太毛の場合に、効果を感じられないこともありますが、もともとタンパク質を溶かすことで脱毛する方法です。
タンパク質が成分である肌もダメージを受けていますから、箱書きにある注意事項は守り、特に時間を厳守しましょう。
アレルギー反応が出る場合も多々あるので、毎度パッチテストは行いましょう。
体調やホルモンの関係で、肌質が変わっていることがあります。
また傷やデキモノがある場合も使用は不可です。
思わぬ肌トラブルとなってしまいますので、使用上の注意に従うことが一番大切です。

まとめ

脱毛の部位の中では、この除毛クリームの使用がむいている部位の一つが足の脱毛です。
デメリットの一つであるお風呂場での使用ができないことや刺激臭などは決させているクリームもあり使い勝手が向上しています。
一時的脱毛であることも抑毛成分や減毛成分を配合することで、
緩やかな効果を狙える脱毛クリームが発売されていますが、3000円と高価なものです。
費用対効果を考えると、この高価なクリームは足で試してみるというのが有効かもしれません。
ただし、「抑毛・減毛」の効果を狙うということであれば、
費用といった面で足脱毛は脱毛サロンの光脱毛の価格で得られる効果と除毛クリームの効果の比較の熟考は必要となりそうです。

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ