医療用レーザーでの足脱毛について(メリットとデメリット)

医療用レーザーの足脱毛とは?

足脱毛はどの方法がおすすめ?:医療用レーザーでの足脱毛のメリット・デメリット

かわいいミュールを履いたり、ビビットカラーのペティキュアで冒険できる季節がもうすぐやってきます。

医療用レーザー脱毛に使われるレーザー光は、黒色にだけ吸収される波長の光です。
毛根部のメラニン色素に吸収され、そこに貯まったレーザー光は熱エネルギーに変換されます。
その熱によって毛根周辺に存在する発毛組織は破壊されることで、脱毛効果が得られるます。
女性であっても比較的濃い毛が生えているのが足の甲と足の指です。
加えて足の甲や指は肌が白く、光脱毛やレーザー脱毛が大変向いている部位です。
ワキの下や背中の脱毛は比較的期間がかかりますが、足の甲や指なら間に合うかも!

医療用レーザーによる足の脱毛〜メリット

医療用レーザー脱毛は医療行為にあたりますので、医療機関で医師による脱毛になります。

医療機関なので安心感がある。
医師による施術となることから、出力が大きく、施術時間が早い。(約10分)
脱毛効果が得られやすい。(初回から毛の量が減ったのを感じる。)
回数が少なくて済む。(約3回)
期間も若干短い(半年)
麻酔が使える。

肌トラブルの時に医療行為による処置が可能。(投薬与薬等)

足の甲や指には9mm径の細かいヘッドを使って丁寧に施術してくれる医療機関が多いようです。
他の部位よりも回数が少なく済む傾向にあり、個人差はあるもののほぼ3回ほどの照射で満足できる脱毛が実感できます。
一回の施術時間が短いのも魅力です。
少々施術料金が高い設定の医療機関ですが、足ならば一回の施術料金と回数を加味するとお得感がある部位のひとつでしょう。
懐事情を考慮してエステサロンの足脱毛と比較すると良いでしょう。

医療用レーザーによる足の脱毛〜デメリット

他の部位に比べ、あまりデメリットを感じません。

医療機関といえど、施術者の技術力に差がある。
ヤケドを負ったときに、ダメージが大きくなりがち。
痛みが深く大きい。足の甲や指は特に骨ばっていて痛い。
医師が行う自由診療となるためクリニックによって料金が違い、一般的に高い。(1回1万円程度)


指は血管や神経系が皮膚のすぐ下にあり、骨もごく近いので他の部位に比べてかなり痛いようです。
個人差はありますが、痛みを感じにくい人でも指はツライと感じるレベルです。
しかし完了までの回数も少なくて済む部位ですし、あまり痛いようならば笑気ガスなどの使用を勧めてくれる医療機関もあります。
3000円程度の別料金にはなりますが、キレイのためなら安いもの!
紫外線が強くなる季節には、施術後一定期間は日焼けに注意しましょう。
特に日焼けのケアを忘れがちな部位ですから、充分に気をつけるように。
シミなどの原因となってしまいます。

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ