家庭用脱毛器での足脱毛について(メリットとデメリット)

家庭用脱毛器で足脱毛をするときの注意点は?

足脱毛はどの方法がおすすめ?:家庭用脱毛器のメリットとデメリットは?

足の脱毛は範囲も広く、自己処理にも手間がかかりますね。

女性の多くはカミソリなどを利用して処理している事と思いますが、

そうした中でも家庭用脱毛器に興味を持つ女性が多くいるようです。

ここでは家庭用脱毛器のメリットとデメリットについて見て行きたいと思います。

家庭用脱毛器で足脱毛するメリット

家庭用脱毛器で足脱毛する際のメリットとしては、次のような点が挙げられます。
・ カミソリなどにくらべて安全
・ 切り傷などができにくい
・ 予算や希望に併せた製品を選んで購入できる


女性にとって足の美しさは重要な美的ポイントです。

それに職場の制服や流行のファッションなどを身につける際に露出する機会も多く、むだ毛の処理には特に気を使いますね。

足は意外と複雑な形をしていますのでカミソリなどで処理した場合、

ヒザの丸みやくるぶしの丸みなどが処理しにくく剃り残しなどが出てしまいます。

それに脱毛範囲が広いので処理してもすぐに生えてくるような方法では

毎日のようにお手入れしなくてはならずとても面倒です。

そうした点で、家庭用脱毛器はヘッド部分が細かな動きをする製品も多く、

丸みを帯びた部分でも毛を残す事なく処理する事ができるとされています。

 

また、キレイな足をキープしたくてもカミソリ負けやカミソリで処理した際にできた傷跡などが

目立ってしまって難しいという人もいるでしょう。

特にカミソリによる切り傷は跡が残りやすく目立ちますのでとても憂鬱ですね。

その点、家庭用脱毛器は、肌に直接刃を当てる必要がありませんので安心して使用する事ができます。

 

さらに家庭用脱毛器は多くの製品が販売されていて、家電量販店や通信販売などで簡単に購入する事ができます。

製品の種類が豊富なので、たくさんある中から自分の予算や希望に併せた製品を比較して選んで購入する事ができます。

一度購入すればいつでも誰にも知られる事なく使用する事ができますし、家族で共有する事も可能です。

家庭用脱毛器で足脱毛するデメリット

家庭用脱毛器で足脱毛する際のデメリットには、次のような点が挙げられます。
・エステの光脱毛よりも機器の出力が低い
・ エステに比べて効果が出るのに時間がかかる場合がある
・ 肌トラブルがおこりやすい


家庭用の光脱毛器は、出力の低さがデメリットとも言われています。

最近では、自宅でエステ並みの脱毛効果が得られるなどとした機器も登場していますが、

こうした製品でもやはり業務用に比べると光の出力は低く設定されています。

家庭用脱毛器の出力が低く設定されているのは安全面に配慮しての事です。

自宅で手軽に光脱毛が体感できると言っても光脱毛は肌に光を照射して毛根を破壊する行為であるため、

やはり危険も伴います。

そのため家庭用脱毛器はエステで使われる業務用の機器よりも光の出力を低く設定しているのです。


このように機器の出力が低いという事は、脱毛エステに比べて効果を感じるまでに少し時間がかかる場合があります。

効果については個人差がありますので一概には言えませんが、

エステの場合でも2,3ヶ月に1回の施術を6〜12回程度行うのが一般的とされていますので、

家庭用脱毛器で完璧な脱毛をしようとするとかなり根気が必要になるかもしれません。

 

また、家庭用脱毛器は自己処理なので、当然、脱毛前後の肌ケアを自分でしなくてはなりません。

これを怠ると肌トラブルが起こる可能性が高まります。

せっかく脱毛しても素肌が荒れてしまっていては元も子もありませんね。

家庭用脱毛器を使用する際にはきちんとした保湿ケアをするよう心がけましょう。

 

やはり自己処理となると根気が必要となります。

初期に掛かる費用は圧倒的に自己処理の方が安く抑えられますが、

結局、長く続けた結果脱毛サロンと同等の費用が掛かったという話も聞きます。

また、処理する際は適切にする必要があるため、それなりにリスクも伴います。

ですので一度脱毛エステに通って、その後、自分で処理するという手もあります。

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ